男はつらいよ 寅さんブログの後日譚「10」

- 一度、小諸市を見てくればいい。勉強になるから -
 松竹映画「男はつらいよ」のシリーズ誕生40周年と寅さんを演じた俳優渥美清さんの13回忌に合わせて北海道ロケ地を行脚する野口寅さんこと、野口陽一さん一行が2008年8月16日に私の店を訪問した際に、短い時間のなかで、実に多くのご教示をして下さった。
 そのなかで、一番印象的であったことは、鹿角市は寅さん映画のロケ地でありながら、観光施設などになぜ寅さんの写真が一枚もないのかというご指摘であった。
 
野口「小田切さん、私驚いたんだけど、この街は寅さん映画のロケ地でありながら、観光施設などに寅さんの写真が一枚も貼ってないんだな。ずいぶんあっちこっち見たんだよ。それでも一枚も無かった」
小田切「いやあ、そのことなんですが、実はついこの間まで私、この街で市議会議員をやっていたんですが、映画「男はつらいよ・寅次郎恋愛塾」(第35作)鹿角ロケのことを話題にあげながら、観光客の誘致を考え観光政策の一環として、有名映画や有名テレビ番組のロケ誘致をしてみてはどうか、観光課のなかに施策として位置づけられないか、手法として”鹿角フィルムコミッション”という名称でフィルムコミッションの設立を試みてはどうかと提案しているんですね。今から10年近く前の話ですが」
野口「ほう、で、どうなったの?」
1.
086-01.jpg
※長野県小諸市で開催された渥美清さん13回忌のイベント。山田洋次監督を中央に女優の三田佳子さん、笹野高史さん。
2.
086-02.jpg
※映画「武士の一分」で味のある演技が光った俳優笹野高史さんと並ぶ野口寅さん。右は加藤マネージャー。
小田切「なかなか理解が得られませんでね・・・。野口さんが観光施設などでごらんになられた姿がひとつの答えになっているのかもしれません」
野口「それじゃ、だめですね」
小田切「おっしゃる通りなんですが、少しばかり疲れてしまったもんですから」
野口「小田切さん、小諸に行ってくるといいよ。勉強になるから。小諸はいいよ」
3.
086-03.jpg
※映画「男はつらいよ・寅次郎サラダ記念日」(第40作)のロケ地となった長野県小諸市。ロケ地巡りのバスツアーが実施され、野口寅さんはそのガイドを務めた。
4.
086-04.jpg
※三田佳子さんを会場まで加藤マネージャーの車でお送りする。
5.
086-05.jpg
※寅さん映画のロケ地を地域活性にどう結びつけているか、小諸市を見て勉強してみては?と野口寅さんに言われた。
6.
086-06.jpg
※小諸市にある「渥美清 こもろ寅さん会館」館長の出井さん。
小田切「こうしてお写真や資料を見させていただくと、私達のほうには何が不足なのか、はっきり分かるような気がいたします」
野口「小田切さん、何かやろうというときは力になるよ。人はいっぱい知ってるからね」
小田切「はい。そのときはよろしくお願いいたします」
7.
086-07.jpg
※山田洋次監督。鹿角市来訪のころからみると、だいぶ白髪になられたなあ。撮影時は目がきびしかった。
8.
086-08.jpg
※野口寅さんこと、野口陽一さん。
9.
086-09.jpg
※渥美清さん亡きあとも全国に寅さんはこんなにいるんだ。どんなに親われ、みんなが大好きなのがとてもよく分かる。
「写真掲載:(C)加藤幸二/野口陽一マネージャー」No.1~No.9まで。

カテゴリー: カテゴリ未分類 パーマリンク