男はつらいよ 寅さんブログの後日譚「3」

-きっと、渥美清さんが行けって導いてくれたんだ-
野口「寅さん、渥美清さんとは話ができたの?」
小田切「はい。あれは絶対夢じゃないかと思いましたよ。映画で、スクリーンで見続けた憧れの大スターが目の前にいるんですよ。しかも、1対1で。2人きりですよ。」
野口「どんな感じだったの?」
小田切「撮影のあいまだったと思うんですよ。ふと見ると、ずうっと離れた駅構内のプラットホームの待合室に渥美清さんが、ぽつんと1人でいたんです」
加藤「スタッフは誰も気を使わなかったのかよ」
野口「いや、渥美さんってそんな人なんだよ。こんな話がある。パーティかなんかの席上で、もし自分のことを探すんなら部屋のすみっこを見て下さい。そこにいますからってね」
加藤「なぜなんですかね」
野口「部屋の中央にいると人だかりになって、みんなに迷惑がかかるからって配慮からなんだねぇ」
小田切「あぁ、分かるような気がします。私は直感で、渥美さんは本当はもの静かな人なんじゃないかなと思ったんですよ」
野口「どんなところで?」
小田切「喋り方とか、もの腰でですよ。もちろんカメラがまわってない時に話したんですから、そう感じたのかもしれませんが。映画とかで見るハイテンションな感じとはまったく違いましたね」
野口「時間にして何分ぐらいだったの?」
小田切「計ったわけではないから分かりませんが、大体10分間ぐらいだったと思います」
野口「いやぁ、小田切さん、アンタはしあわせな青年だねぇ」
小田切「はい。私もそう思います」
079-01.jpg
※野口寅さん、私の宝物をお見せしますよ。これがその時に渥美清さんと並んで撮った写真です。24年ぶりですよ。こうやって並んで再現してみませんか。渥美さんはきっと喜んでると思いますよ。
(平成20年8月16日撮影)
(C)加藤幸二/野口陽一マネージャー
079-02.jpg
※映画「男はつらいよ・寅次郎恋愛塾」(第35作)秋田県鹿角ロケ時に撮った写真。
(昭和60年7月4日撮影)
(C) おだぎり通信出版事業部
はからずも、今年は寅さんを演じた俳優渥美清さんの十三回忌である。
上の2枚の写真を見て欲しい。偶然にしてはできすぎている。野口寅さんは思わず叫んだ。
「渥美さんだよ。渥美清さんが引き合わせたんだ。鹿角に寄って、小田切さんに会えってね」
なぜだか、胸がジーンと熱くなった。

カテゴリー: 日記 パーマリンク