日本映画切手と撮影現場の思い出(8) その1

-寅さん第35作鹿角ロケの思い出ショット(3) その1-
松竹映画「男はつらいよ・寅次郎恋愛塾」(第35作)の鹿角ロケから、
水晶山スキー場での撮影風景の続きです。
13.
no66-013.jpg
自分が撮ったスナップ写真のなかで、このカットが結構好き。
雰囲気が伝わる。
14.
no66-014.jpg
今、考えるとかなりの度胸。
ちゃっかり寅さんのうしろのリフトに乗っかって上までついて行ってしまった。
この時、見学者はボクひとりだけ。
待機中の素顔の俳優さんたちの姿が見れた。
映画の中にも出てくるが鹿角盆地の美しさはやはりうっとり眺めてしまうものがある。
(よく見ると少し前で、平田満さんのシーンを撮っている)
15.
no66-015.jpg
まわってくるリフトを注意深く見て、乗る直前の寅さん。
順番を待つ樋口さん。
(このあと、続いてボクも乗った。いや乗せていただきました。
 本当にひとり占めでスミマセン・・・)
16.
no66-016.jpg
どこかの新聞社さんにインタビューを受けている平田満さん。
17.
no66-017.jpg
失恋したと思い故郷の鹿角にもどり、自殺を考えた酒田民夫役の平田満さん。
このあと樋口可南子さん演ずる江上若菜の本心を知る鹿角ロケ、いやこの映画第35作の最大のハイライトシーンだ。
演技に入る直前の平田さんの表情がそこにある。
立ち位置は自分で決めていた。
この頃になるとまわりから取材陣がいなくなっていた。
ねばって撮っていたときのことだ。
絶対にこの方向に走ってこないだろうと思いカメラを構えていたときとんでもないことが起こった。
「ほんとですか!?」あのシーンだ。
平田さんがボクのほうに走ってきたのだ。
コラーッ、カメラマン!!
完全に怒られてしまった。(ドーモ、スミマセンでした)
18.
no66-018.jpg
平田満さんのシーンを撮り終えて登ってくる撮影スタッフ。
この美しい鹿角の自然美をフィルムコミッションのスタッフは脳裏に焼きつけPRして行くべきだ。
19.
no66-019.jpg
この日の水晶山スキー場撮影は終わりに近づいていた。
どことなく緊張感がほぐれつつあるように見える。
20.
no66-020.jpg
山田洋次監督の撮影終了の合図。
「ハイ、OK!」
本当にゆっくりしたのだろう、いっせいにタバコに火をつけている。
夕方に近かったと思う。
「写真掲載:(C)おだぎり通信出版事業部」

カテゴリー: 切手(外国・日本) パーマリンク