日本映画切手と撮影現場の思い出(7) その2

-寅さん第35作鹿角ロケの思い出ショット(2) その2-
7.
no66-007.jpg
撮影のあい間に何気なく撮ったスナップですが、
山田監督がいたり、樋口さんがいたり、
(録音の鈴木さんと話をしてるのは松村さんかな?)
現場っていうのはぜいたくなショットがたくさん撮れる。
8.
no66-008.jpg
録音の鈴木功さん。
プロ根性のひとだ。
9.
no66-009.jpg
寅さんの撮影隊は大名行列みたい。
常にスゴイ人数がいる。
(リフト台の下にいるのはセリフをもらったエキストラ。
何度も失敗しては監督に怒られていたがユーモアのある人。
10.
no66-010.jpg
スタート直前に、台本を読み直す寅さん。いや、渥美さん。
めずらしい光景ではないか。
渥美さんは高所恐怖症?
このリフト撮影は、一番高い所で20m位あったので、
眺めはいいけど、やはり恐かったかもしれない。
11.
no66-011.jpg
これを見ると、本当に素朴な水晶山スキー場での撮影だったんだよなあって思う。
12.
no66-012.jpg
一回転して降りてきたリフト。
寅さん、樋口さん、高羽カメラマン、山田監督、助監督たち。
笑ってるようだが寅さん、顔が引きつってるようにも見える。
樋口さんは両手でバーにしっかりしがみついてる。
「写真掲載:(C)おだぎり通信出版事業部」

カテゴリー: 切手(外国・日本) パーマリンク