日本映画切手と撮影現場の思い出(6) その2

-寅さん第35作鹿角ロケの思い出ショット その2-
6.
no65-006.jpg
その日の午後から行われた鹿角市花輪の街なかでの撮影風景。
今では、道路拡幅事業のためこの街並自体が姿を消してしまった。
7.
no65-007.jpg
「松風」は花輪の古い造り酒屋さん。
市の有形文化財に指定されるべきとずっと思っていたのに
残念なことに解体されてしまった。
8.
no65-008.jpg
この方は確か声楽家で秋田県出身。
声が大きくて印象的だった。
9.
no65-009.jpg
監督の声がかかるまで、外でじっと待つ樋口可南子さん。
足元にしゃがみながら撮ったものですが、横顔もステキですよね。
10.
no65-010.jpg
ここからのシーンは映画の中でも見れる。
松風さんの家のなか。
うす暗いなか、ドッスン!どっかの新聞社のカメラマンが思いっきりコケていた。
11.
no65-011.jpg
確かこのシーンは鹿角市出身の(役柄で)平田満さんの実家という設定だったと思う。
「写真掲載:(C)おだぎり通信出版事業部」

カテゴリー: 切手(外国・日本) パーマリンク