日本映画切手と撮影現場の思い出(4) その2

7.
no63-07.jpg
これを見ていると映画撮影の手順がよくわかる。
エキストラの位置が決まると、次に助監督たちが俳優の代役をし、
カメラリハーサルが始まる。
カチンコを持ったほうが寅さん役なのだろう。
2度、3度と繰り返した。
8.
no63-08.jpg
一瞬、観客がオーッとざわめいた。
振り向くと、そこに寅さんがいた。
すごい、本物の寅さんが1.5m位の至近距離にいる。
酔っぱらいの演技のためか顔に異常なほどのピンクのドーランが。
思わず吹き出してしまった。
隣りの俳優松村達雄さんは声も姿も本当にあのまんまだった。
9.
no63-09.jpg
ここからは主役の寅さんが登場し、
本当のカメラリハーサルが始まった。
絶対に夢だ。
あの寅さんと一緒に同じ空間で同じカメラの前に立っている。
どう見たって夢だ。
10.
no63-10.jpg
秋田県鹿角市の陸中花輪駅でのシーンを撮影する山田洋次監督。
11.
no63-11.jpg
フーテンの寅こと、車寅次郎役を演ずる名優渥美清さんにも
山田洋次監督の細やかな演技指導が。
12.
no63-12.jpg
映画って監督のものだって言い切る人もいるが、
それを支えるスタッフ、裏方の人数や熱い思いは、
まさに一丸となっているチーム力だと感じた。
13.
no63-13.jpg
俳優の渥美清さんはカメラリハーサルごとに違う表情をしている。
何度目かのとき、手に持った酒びんの中身をしゃがみ、線路わきに捨てていた。
うわ、もったいないな。重いからかな?
よく考えてみると酔っぱらうほど飲んだ酒びんが重そうなのは不自然だもんなぁ。
なるほどなぁ。
14.
no63-14.jpg
同じことを何度も繰り返してるうちにエキストラも調子が出てきて、
声を出してやっていると、テレビで顔を見たことのある
録音の鈴木功さんが血相を変えて飛んできた。
「音、拾ってるんだよ。渥美さんの声にかぶってる。いいか、君たちはパントマイムでいいんだよ。」
あぁ、そういうことか。軽く怒られてしまった。
15.
no63-15.jpg
そうこうしてるうちに渥美さんが上着を着た。
「はぁーい。本番行きまぁーす。」
助監督の声が響く。
一瞬の緊張がはしる。
あたりはシーンと静まりかえった。
山田洋次監督の声が響く。
「行きます。ハイッ。ヨーイ、スタート!」
一瞬だった。本番は一発でOKだった。
「(C)おだぎり通信出版事業部」

カテゴリー: 切手(外国・日本) パーマリンク

日本映画切手と撮影現場の思い出(4) その2 への2件のフィードバック

  1. えどやさん のコメント:

    お世話になってます
    なんとも懐かしい画像が…
    こんな夢のエキストラありましたね!!
    もしかして筆者のお隣って… もしかして若かりし頃の…  僕???
    確かにお書きになってる描写そのまんまです
    プロの役者のおそばに居ただけでも夢子心地なのに…
    私のブログにも紹介したいので画像一枚拝借してもいいですか~
    よろしくお願いいたします!
    <m(__)m>

  2. おだぎり通信 のコメント:

    えどやさん
    >お世話になってます

    >なんとも懐かしい画像が…
    >こんな夢のエキストラありましたね!!
    >もしかして筆者のお隣って… もしかして若かりし頃の…  僕???
    >確かにお書きになってる描写そのまんまです
    >プロの役者のおそばに居ただけでも夢子心地なのに…

    >私のブログにも紹介したいので画像一枚拝借してもいいですか~

    >よろしくお願いいたします!

    ><m(__)m>

コメントは停止中です。