日本映画切手と撮影現場の思い出(3)

日本映画切手コレクションの頒布は現在も続いているが、第1回は2007年2月から始まった。
第1回目は日本映画1・懐かしの名作の未使用切手10種連刷組み合わせシートと大河内伝次郎の丹下左膳余話・百万両の壷の初日カバーだった。
第2回目は3月で、丹下左膳のマキシムカードと原節子・笠智衆の東京物語の初日カバー。
第3回目は4月で、東京物語のマキシムカードと三船敏郎の七人の侍の初日カバー。
第4回目は5月で、七人の侍のマキシムカードと小林旭のギター持った渡鳥の初日カバー。
第5回目は6月で、ギター持った渡鳥のマキシムカードと中村錦之助の宮本武蔵巌流島の決斗の初日カバー。
第6回目は7月で、宮本武蔵巌流島の決斗のマキシムカードと日本映画2・現代の名作の未使用切手10種連刷組み合わせシート。
第7回目は8月で、渥美清の男はつらいよの初日カバーとマキシムカード。
第8回目は9月で、松坂慶子・風間杜夫・平田満の鎌田行進曲の初日カバーとマキシムカード。
いやあ、やっぱり回を追うごとにスゴイなあと思うのは、青木圭志さん執筆のリーフ解説と、肖像権・版権の許諾を得たというスチール写真の数々である。
なかには、切手になったそのものの写真もあり、本当に素晴らしいコレクションであると思う。
no62-01.jpg
●これが日本映画2(現代の名作)50万部発行
no62-02.jpg
「(C)おだぎり通信出版事業部」

カテゴリー: 切手(外国・日本) パーマリンク