男鹿半島の自然美

院展を見た後、秋田市からの帰路は快晴であったので、少し遠回りになるのだが、男鹿半島を経由して帰ることにした。
本当に久しぶりだと母は喜んだ。
院展のお礼です。
その時に撮ったスナップ写真がこれです。
ogahanntou01.jpg
ogahanntou02.jpg
ogahanntou03.jpg
ogahanntou04.jpg
入道崎の灯台に初めて登ったけど、風が強くて、気持ち的にグラグラとゆれる感じで、そそくさと降りることにした。
でも灯台の灯源は思ったよりも小さいものであったし、カッテングされたレンズの構造や回転する仕組みも見れてなかなか興味深いものであった。
男鹿半島の自然美を満喫できるのは、一ノ目潟、二ノ目潟、三ノ目潟を見降す”八望台”の展望台に立ったとき。
火山活動によってできたマールとよばれる鉢状の火口に水がたまってできた湖の色はエメラルド。
ogahanntou05.jpg
すぐむこうは日本海である。
男鹿半島といえばナマハゲばかりでない。
この美しい自然美もぜひ見てほしいものである。

カテゴリー: 日記 パーマリンク