蘇る青春と音楽の日々「1」

-恩師、中内幸雄先生との40年ぶりの再会-
A.jpg
 57歳になった自分がいて、高校時代の恩師、中内幸雄先生ご夫妻とおよそ40年ぶりの再会をはたしたときに、満面の笑みを浮かべながら、生徒の姿に戻れている自分が嬉しかった。
 
 2008年(平成20年)7月26日(土)午後4時、中内幸雄先生ご夫妻を囲む会(喜寿&金婚式のお祝い)が、弘前市のホテルさくらの温泉で開催された。
 
 主催は東奥義塾グリークラブ・弘前学院聖愛音楽部卒業生の会であるクロスの会。
 
 今年、77歳の喜寿を迎えられる中内先生と園子婦人と結婚されて50周年の金婚式を迎える二重に記念すべき年となったことから、弘前市在住の両校OB達が、四国からご夫妻を第二の故郷である弘前市へお迎えしての素晴らしい企画である。
 
 
 案内を頂いたときに、年齢的にも、遠く離れていることもあって、今回是非とも、お会いしておきたかった。秋田から出席した私は少しでも長くお話ができるように、宿泊を希望した。
 
 
008.jpg
※恩師中内幸雄先生との再会
 
1.
IMG_0362.jpg
※中内先生ご夫妻と小田切店長。
2.
IMG_0363.jpg
※OB会全員で校歌を歌う。
3.
IMG_0367.jpg
※こわくもあり、優しくもあった先輩達。
4.
IMG_0374.jpg
※指揮する中内先生。
なつかしさのあまり涙が出そうになった。
5.
IMG_0375.jpg
※会場の全体風景。
034.jpg
※40年ぶりに合唱をする小田切店長。
息切れして歌えない。腹筋の弱さを感じる。
「写真掲載:(C)おだぎり通信出版事業部」

カテゴリー: カテゴリ未分類 パーマリンク