古銭・コイン 日本銀貨特集

おだぎり通信・ねっと通販【古銭・コイン】へようこそ。
いつかは骨董品店をやってみたい、自然に行きついたのが古銭・コインの世界。紀元前のローマ貨幣や、中国古代貨幣、日本の小判や丁銀、穴銭から円銀にいたるまで、その魅力はつきることがありません。古銭収集歴20年の店長が集めた古銭・コイン類を厳選掲載しお奨めいたします。詳細をご覧頂きました後に、ご用命賜りますよう心よりお待ち申し上げております。

新しい日本銀貨の登場

 新しい硬貨が誕生したのは明治4年(1871)のこと。明治政府は江戸時代の複雑な貨幣制度を改革し、「新貨条例」を公布しました。「円・銭・厘」の金貨・銀貨が、初めて採用されました。  当初、東洋の貿易市場では銀本位制が主流でした。政府も市場にすぐに参入できる銀本位制を推進しますが、米国で本位制論争を間近に見てきた帰国直後の伊藤博文の建言によって、最後の最後で金本位制となります。1円銀貨は、当初は”貿易専用貨幣”として製造され、国内では流通していませんでした。

逸品の竜のデザイン

 銭位の銀貨は、明治の庶民にも親しまれてきました。明治6年から銅貨も発行されますが、銀貨の口を大きくあけた阿竜に対して、銅貨には口を結んだ吽竜(うんりゅう)が描かれています。当時の人は縁起をかつぎ、財布の中に雌雄一対、すなわち銀貨と銅貨の一対を入れていたそうです。  新しい時代に、新しい君主を擁して近代国家へと名乗りをあげた明治の人々にとって、これらの硬貨はまさしく、明治維新のシンボルだったといえるでしょう。今回は、スタンダードな銀貨5種を、お求めやすい価格でご案内します。

幸運のお守りとしてペアでどうぞ

円銀・銅貨
旭日竜銀貨

小判・判金
丁銀・豆板銀

天保通宝・穴銭
古代貨幣

貿易銀貨
kgミックスセット